クレジットカード利用法~還元率を比較して上手くカードを使おう~

利用する際の注意点

家の模型

手数料がかかる

低金利で多額の融資を受けることが出来るというメリットがあるのが、不動産担保ローンと呼ばれるものです。しかし、不動産担保ローンを利用する際には、一般的やキャッシングやカードローンなどを利用する時とは異なった注意点があります。まず、キャッシングやカードローンを利用するという場合、実際に融資を受けるまでは手数料などがかかるという事はありません。しかし、不動産担保ローンの場合には、金融機関等によっても多少の違いはありますが、担保として提供する不動産の価値を調べるための調査料や手数料、印紙代などの諸費用が必要になります。また、実際に融資を受けることが出来るまでには調査に時間が掛かる可能性がありますので、1週間程度掛かる可能性もあります。

不動産の価値は様々

不動産担保ローンなど担保を提供してお金を借りるということに対して、抵抗を感じるという人も多いようです。確かに、お金を返すことが出来なければ、提供した不動産を失うことになるのですから、当たり前なのかもしれません。しかし、しっかりと返済計画をたて、完済することが出来れば、その限りではありません。一般的には事業資金として使用するというイメージがありますが、不動産担保ローンは用途が定められてはいません。そのため、生活費や嗜好品に利用しても良いですし、事業資金として利用することも出来ます。利用する際に注意点はあるものの、不動産担保ローンは使い方によっては非常に便利なものであると言えます。なお、近年は都市部と地方では不動産の価値に大きな違いがありますので、利用する際にはそのことを考慮する必要があるでしょう。